自分の好きを見つけるために、色々やってみるためのブログ

色々やってみるの一つとして始めてみたブログ。内容は雑多。

ライドシェアサービス「notteco」を使ってみた感想

「名古屋から東京へできるだけ安く行きたい」というわがままを叶えるべく、何か良いサービスがないかと探したところ、「notteco」というサービスを見つけました。

これも経験だと、nottecoを同乗者として利用してみたので、感想です。

はじめに

この記事では、以下について記載しています。

  • nottecoとは何か
  • nottecoは安いのか
  • nottecoのメリット
  • nottecoのデメリット

 

nottecoとは何か

nottecoは、ざっくり言うと「 相乗り相手を探せるサービス」です。

以下、notteco公式サイトからの引用です。

nottecoは「安く移動したい人」と「ガソリン代などの実費を節約したいドライバー」をつなげる日本最大の相乗りマッチングサービスです。

 

notteco公式サイトより引用

ドライバーは、旅行や帰省のついでに同乗者を募集し、同乗者にガソリン代や有料道路使用料を一部負担してもらうことで、移動費を安く抑えられます。

同乗者は、相乗りさせてもらうことで、ガソリン代や有料道路使用料の一部負担のみで移動でき、移動費を安く抑えられます。

非常にWin-Winなサービスに感じます。

 

ここで疑問なのが、nottecoのサービスは、白タク行為にあたらないのかということです。

※白タク行為とは何かについては、こちらのサイトにわかりやすく説明されています。

結論から言うと、2019年5月現在では、白タク行為にあたらないようです。

2017年5月18日に、株式会社notteco様から、「ガソリン代及び道路通行料相当での相乗りは「旅客自動車運送事業」に該当しない」と、国土交通省と経済産業省から回答があったことの公開がされています。

nottecoは安いのか

nottecoを使用することで、どの程度安くなるのか、他の交通手段と比べてみました。なお、ここでは、2019年5月時点の、名古屋~東京間の移動を例に挙げています。

新幹線の場合

移動費:のぞみの自由席で10,360円、指定席で11,090円かかります。

移動時間:のぞみで約1時間30分かかります。

在来線の場合

移動費:特急を利用しない場合、6260円かかります。

移動時間:特急を利用しない場合、6時間~6時間30分かかります。

高速バスの場合

移動費:1,750円~11,000円かかります。(利用する便によって変動)

移動時間:5時間~7時間かかります。

nottecoの場合

移動費:3,000円~3,500円かかります。(ドライバーの設定額によって変動)

移動時間:5時間~7時間かかります。

結論

移動費:最安値は、高速バスに軍配があがりました。しかし、高速バスが利用する便によって移動費が変動するのに対し、nottecoは、ほぼすべての移動費が3000円台です。平均値は最安と言えます。

移動時間:最速は、新幹線です。nottecoは、高速バスと同程度の移動時間です。移動時間にのばらつきがあるのは、ドライバーのポリシー(休憩を何分とるか、どのルートを通るか)によるものと思われます。

nottecoのメリット

実際にnottecoを利用して、感じたメリットを記載します。

安い

ビジネスとして運営している公共交通機関と比べると、移動費は安く抑えられます。実際、私は、名古屋~東京の往復が7000円ですみました。

様々な経歴の方のお話を聞ける

nottecoの利用者は、職業・年齢がばらばらです。そして、新しいサービスに積極的に手を出すアクティブな方が多く、おもしろい経歴の方が多い印象です。そのため、自分の知らない業界の話を聞けることがあります。

ドライバーの評価が見られる

nottecoでは、ドライバーの運転回数や過去の同乗者からの評価が見られます。そのため、ドライバーの方がどんな方かを事前に知ることができ、安心して相乗りできます。逆に、同乗者である自分も評価されます。マナーもった乗車をすることが大切です。

nottecoのデメリット

実際にnottecoを利用して、感じたデメリットを記載します。

確実に発車する保証はない

ビジネスとして運営している公共交通機関と異なり、あくまでドライバーの善意で「同乗させていただく」サービスです。そのため、ドライバーの方の急用や体調不良などで、ドライブ自体がなくなる可能性があります。当日、乗車するまで、これは不安としてありました。

乗りたい日時に乗れるわけではない

毎日決まった時刻に運行する公共交通機関と異なり、日時がドライバーの都合により決定します。そのため、乗りたい時に乗れるとは限りません。自分の乗りたい時に募集されていたらラッキーくらいの気持ちでいるのが良さそうです。(金曜日・土曜日の夜に出発し、深夜に到着する相乗りが多い印象を受けます)

雑談能力は必要

同乗中にできることといえば、睡眠か雑談です。そして、雑談が始まる確率は低くはないです。そのため、初対面の方との雑談がストレスになる方は、nottecoの利用があわないと感じます。

おわりに

  • 安く移動する手段として、nottecoはおすすめ
  • 「俺はお客様だ」の精神でなく、「同乗させていただいている」の精神で利用することが大切
  • 移動の選択肢が広がるって素晴らしい

参考